頭皮に関するトラブルは専門機関で解決しよう

問題解決の知識

タイプによって使う薬は異なる

薄毛が進行しているときには、注意をすべき点が一つあります。 それは、患者がどのようなタイプの薄毛なのかを理解することなのです。 薄毛のタイプには大きく分けて二つのタイプがあり、一つは頭皮に栄養分が足りていないタイプです。 このタイプの人は、育毛剤を使うときはアミノ酸など育毛に必要な栄養分がよく入っている薬剤を利用しなくてはいけません。 そして、もう一つのタイプは頭皮の状態そのものが悪い場合です。 頭皮の状態が悪い場合には、まずその状態を良くするために血管拡張作用などがある育毛剤を利用しなくてはいけません。 薄毛の理由は、栄養が足りないか頭皮の状態が悪いかのどちらかであるためまずはどちらのタイプに属するのかを確認する必要があるのです。

取りづらい栄養分を取る

薄毛を治療するためには、取りづらい栄養分をきちんと取ることも大切です。 例えば、育毛にとって最も大切な栄養分はたんぱく質です。 たんぱく質は、髪の毛の主成分であるためこれが不足していると質の良い髪の毛を作ることができません。 しかし、それと同時にもう一つ大切な栄養分として亜鉛が存在します。 亜鉛は、体内に取り入れたたんぱく質をきちんと頭皮に届けるために必要な栄養分であり、これがないときちんと育毛ができません。 亜鉛は必須ミネラルとして認識されていますが、実は日本国内では海藻類以外で豊富に取れる食べ物が存在しません。 そのため、必須ミネラルである亜鉛をとるためにはサプリなどで意識的に補給しなくてはいけないのです。 それだけで、薄毛の状況は改善できます。