頭皮に関するトラブルは専門機関で解決しよう

これまでの歴史

薄毛治療の歴史と変遷

今から5000年前の古代エジプトでは、さまざな方法で薄毛治療を行っていたそうです。ロバやライオン、ワニ、カバなどの動物からとった脂を育毛剤として薄毛に使用していたそうです。また、ギリシャの医師ヒポクラテスは患者の頭に鳩の糞を塗って薄毛治療を施していたそうです。昔から人々はいろいろな方法で薄毛と格闘をしていたのです。 そして19世紀になると電気ショックを与える薄毛治療も行われていたといいます。今は薄毛と男性ホルモンの関係が解明されて、1997年にはアメリカで薄毛の特効薬と言われるAGA治療薬のフィナステリドが認可されました。フィナステリドは世界で初めて完成したAGA治療薬で、日本でも2005年に認可されています。

進化しているAGA治療

AGA治療の分野はめざましく進化しています。フィナステリドなどの有効なAGA治療が生まれたことにより、薄毛の悩みを抱える男性が少なくなりました。しかし、フィナステリドといえどもどんな人でも効果がある薬ではなく、効果がない人もいます。今は機能を失った毛母細胞を復活させて新しく髪の毛を生やす方法や、自毛を植毛して新しい髪の毛として使用することができる自毛植毛などがあり、どんな人でも増毛効果が期待できる治療が普及しつつあります。 AGA治療専門のクリニックによっては、すでに最新治療を取り入れているところもあります。これから薄毛治療がますます進化して、ほとんどの男性が毛髪で悩むことがなくなると思います。