頭皮に関するトラブルは専門機関で解決しよう

問題改善のエッセンス

日本の育毛剤の歴史について

いつの時代も髪の毛についての悩みはとても大きいものです。 各時代で育毛剤は髪の毛に悩みをもつ人の支えになってきました。 そんな育毛剤の歴史を紐解いていきたいと思います。 まず、平安時代には、長くツヤのる黒い髪が美人の条件とされ、女性は洗髪に米のとぎ汁を利用してヘアケアを行っていたそうです。 また、男性についても現在の成人式のような場面で髪を結い冠を被るなど大事なものとして扱われていました。 江戸時代になると早くも毛生え薬というものが存在しました。 この時代は一般の庶民でも髷を結う習慣があり、髪の毛が薄くなると髷が結えない為、毛生え薬が対処として使われていたそうです。 明治時代、文明開化により散切り頭の人が増えたことで石鹸を使い洗髪するようになりました。 大正時代には洗髪に石油系のシャンプーを使用するようになりました。

対処から予防へと変化

年齢が若かったり、髪の毛の濃い人は育毛剤に関心のない人が多いです。 まだ20代だし、髪の毛も多いほうだし、抜け毛も少ないしなどと異聞は薄毛とは無縁と思っている人もいると思います。 ですが、薄毛や抜け毛は誰でも起こる可能性があります。 大丈夫な今こそ育毛剤についての知識を身につけ、予防として使用していくことが大切です。 昔のイメージで育毛剤は髪の毛が薄くなった人が使うものだと認識していると思います。 育毛剤は、生え際がだんだん後ろに下がってきた人や頭の中心部が寂しくなってきた人にも当然効果を発揮します。 しかし、まだそんな兆候は見られない人にも予防として効果を発揮します。 病気の治療は早期発見、早期治療が大事です。 育毛についても全く同じです 早期からきちんとヘアケアを行いいつまでも健やかな髪の毛を保ちましょう。